スタッフブログ

2019年11月


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2010年01月21日(木)

断熱工事 [軸組工法基礎知識]

画像(320x212)・拡大画像(448x298)

三島の家は中間検査も終わり、
次ぎの工程に進んでいます。

外気に面する部分には断熱工事を施します。
壁、天井にグラスウールを隙間なく敷き詰め、
外気温に左右されにくい快適な環境を作ります。

Posted by 管理者 at 13:06   パーマリンク

2010年01月07日(木)

T邸 建て方2 [軸組工法基礎知識]

昨年末、12月28日にT邸が上棟しました。
躯体の外形がお目見えして新年を迎えました。

画像(320x212)・拡大画像(448x298)

小屋組には工事の無事を祈る御札が。

工事監理では、柱、筋交等が図面どおりに配置されているか、
金物が正しく取り付けられているかを確認します。

画像(180x119)・拡大画像(448x298)

躯体と基礎を緊結するためのホールダウン金物
基礎から躯体が浮き上ることを防止するアンカーボルト

画像(180x119)・拡大画像(448x298)

水平面のゆがみを防止するための火打金物

他にも多くの金物が使用され、耐震性を強化しています。

画像(180x119)・拡大画像(448x298)

2階床は剛床工法を採用しています。
構造用合板で水平面の剛性を高めます。

構造上必要な部分に使用される合板として合格している材料であることがJASマークによって証明されています。
合板の説明:http://www.jpma.jp/use/type.html

また、シックハウス対策として、
ホルムアルデヒドの発散量を示すマークも印字されています。
「F☆☆☆☆」は発散量が少なく面積制限がなく使用できる材料であることが示されています。


Posted by 管理者 at 11:34   パーマリンク

2009年12月28日(月)

T邸 建て方1 [軸組工法基礎知識]

今日は、朝から雨でしたが、
現在、お昼前、天気は良くなってきました。
T邸の現場にはまだ行けていませんが、
上棟の作業は進んでいるでしょうか・・・・。

12月26日には上棟に先立ち、
土台が組まれました。

基礎と土台の間には
換気と免震効果を兼ねて基礎パッキンを挟みます。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

水平方向の仕口は「腰掛け鎌継」
下木(重ねたときに下にくる木/左)を、上木(重ねたときに上にくる木/右)
で押さえつけるようにして組みます。
アンカーボルトは上木に取り付けて基礎に固定します。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

T字となる垂直部分の仕口は「大入れ蟻掛け」です。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

土台が仕口により、継ぎ目部分を緊結させ、
金物により、強化する。
これにより、丈夫な土台ができあがります。

Posted by 管理者 at 11:48   パーマリンク

2009年08月08日(土)

金物 [軸組工法基礎知識]

画像(320x212)・拡大画像(602x400)

軸組工法は、金物を使わない方法もありますが、
金物を使い剛性を高めることが主流です。

仕口、継ぎ手部分には
力の流れ、加重を考慮し、金物を設定します。

写真は小屋組みと壁の取り合い部分です。
火打金物:火打は水平方向に働く力で変形を防ぐ役目を果たします。
かすがい:横架材と柱とをつなぐ金物
羽子板金物:柱と横架材をつなぎ、引き抜き力に対抗する。
ひねり金物:桁と垂木をつなぎ、風力により屋根が浮き上がるのを防ぐ。
筋交プレート:筋交端部に取り付けて水平力に抵抗します。筋交に大きな力が加わっても外れないように固定しています。

金物が多いから安心・・・ではありません。
必要な箇所に必要な数を適切に取り付けてあることが大事です。

設計段階では、N値計算により実際に柱に生じる引張力を求め、その力に抵抗できる金物を選びます。
工事監理では、設計図書に示されたとおり金物が設置されているかを確認しています。

Posted by 管理者 at 17:41   パーマリンク

2009年07月30日(木)

基礎配筋チェック [軸組工法基礎知識]

三島市で建築中の専用住宅
基礎配筋が完成しました。
基礎の種類はベタ基礎です。

画像(180x119)・拡大画像(602x400)

基礎立ち上がりは
トップ、ベース筋をD13(径が13oの異型鉄筋)
縦筋はD10(径が10oの異型鉄筋)が200oピッチ
スケールで確認します。

画像(180x119)・拡大画像(602x400)

底盤部分は、D13@200で縦横に組みます。

その他、コーナー部分の補強筋や鉄筋の継ぎ手の重ね長さなど
基礎伏図、基礎断面図どおりに施工が行われているかどうか
チェックを行います。

Posted by 管理者 at 17:48   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog