設計方針

住む人の笑顔が見たい。
そんな気持ちを胸に、以下5つのテーマに従い設計を行っています。

1. 環境に適していること

日照や風向は敷地により全て異なります。
快適な住空間を作るには、敷地の形状や状況に適していること、周囲の環境と調和させることはとても大切なことです。
夏は涼しく冬は暖かく、外気温に左右されにくく、光で季節の移り変わりを感じられる明るい家作りを心がけています。

2. 家族の絆が深まる家

個室よりもリビングに自然と家族が集うような、コミュニケーションを図りやすい間取りを提案します。

3. 夢や希望、ライフスタイルに合った家

人それぞれ住まいに望むこと、ライフスタイルは異なります。
十分な打ち合わせを行い、可能な限り期待に沿うことができるよう努力しています。

4. 耐久性・耐震性に優れていること

限りある資源を使い建てる家は、地震による倒壊、数十年で朽ちるような家であってはならないと考えます。
安心した生活を送るため、環境のためにも丈夫で長く付き合える家を設計することが建築士としての使命です。

5. 適正価格であること

設計事務所に依頼すると高い設計費がかかりコストが上がってしまうのではないか…?
こんな言葉をよく耳にしますが、そんなことはありません。
設計費だけに注目すると、設計施工を一貫して行う住宅メーカーや工務店に比べて高く感じられるかもしれません。
しかし、「標準仕様」がありませんので施工方法や建材、間取りを工夫したり、見積もりで施工業者を競合させることにより、施工コストを下げることは可能です。
ご予算についてはお気軽にご相談下さい。